2015年03月03日

ガーデンライトのLED化

自家用車のボルボをLED電球に変更したので、庭もLED化しようと思います。
8年前に自作の12Vのガーデンライトがだいぶ古くなってきたのと、省エネ化(節電)、さらには電球の寿命が長いので、LED電球に交換することにしました。


8年前に設置した自作のガーデンライトです。
DSC01938.JPG

電源は家庭用の100Vを12Vの直流に変換して、危なくないようしたうえで、庭にケーブルを埋設してあります。

現在は、通路に沿って 合計7個を設置してあり、タイマーで夕方6時に点灯、夜10時に消えるしくみです。

DSC01932.JPG

電球はホームセンターで売っている、12Vの非常灯用を利用、ソケットはE17です。


DSC01940.JPG この際トランスも交換して、容量を少しアップすることにしました

このガーデンライト、台座の黒く見える筒は、実はエンビパイプを切っただけのものです。

 それに、黒のスプレーで塗装して、土に埋めただけです。

 切る際の長さは、お好みですが、雪や雨水、花壇の植物などを考慮して、地面から40センチとしました。

埋設部分は15センチです。

つまり、2mの長さのエンビ管を買ってきて、3本〜4本作れます

詳しい作り方は8年前の記事、”ローコストガーデンライトの制作”を参照ください。
トランスは、専用のガーデン用じゃなくても、パソコン用などでも代用できます。


DSC01930.JPG

今回、変更に使用する部材です。

 これが、8年間活躍した電球タイプのガーデンライト
DSC01936.JPG
この電球を省エネタイプの高輝度LEDに交換します。


電球は、自動車用のストップランプなどに使われるT20型と呼ばれるLED電球を見つけました。

注意する点は、明るさも必要ですが、色味が大切です。
電球の温かい感じの色を残したいのであれば、3000K(ケルビン)あたりの黄色い色を選びます。
明るさを求めて、白っぽくしたければ、5000K〜6000Kでしょう。


カー用品の店か、ネット通販などで購入できます。1個1200円でした。
また、電球に合わせて、ソケットも必要です。

これも、ネット通販で探して、10個入り1500円で購入、最後にガラス瓶ですが、100円均一ショップ、ダイソーの蓋つきガラスビンを購入、材料が揃いました


DSC01933.JPG ガラス瓶の蓋に、ソケットに合わせて穴をあけます

 この際、ソケットにゴムのパッキンが付いているので、そのサイズに合わせます。

 ドリルなどを使って穴をあけますが、きれいに開かない場合でも、ゴムパッキンがカバーしてくれるのと、大きすぎる部分は、シリコンコーキング材などで穴埋めすれば大丈夫です

LED電球は直接手で触れると壊れるので、注意が必要です


完成した、LEDタイプのガーデンライト
DSC01935.JPG

電球の時と比較して、消費電力が1/3程度になり、明るさが2倍くらいのまぶしい感じになりました。


トランスサイズを大きくしたこともあって、電力にかなり余裕が出来ました、追加で3台設置、ほぼ通路部分は懐中電灯無しで歩けます。

DSC01942.JPG
気になる電気代ですが、ガーデン全体の照明器具やセンサーライトを多用しているので、はっきりわかりませんが、月額1500円程度だと思います。(LEDガーデンフットライト10台+スポットライト5台+表札灯2台+ハロゲンセンサーライト100V150Wが3台)

ご近所からは、”防犯にもなり、安心できる家”とまずまずの評判です



今日も応援お願いします。ひらめきそれぞれを一発ブチッと押してやってください やる気が出ます!
ランキング投票をお願いします揺れるハート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

庭・花壇づくり ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村








posted by ミルキーのぱぱ at 10:59| 茨城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | DIYでエクステリア製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

ボルボV70の車内灯をLED化する

ここんとこ寒くて、庭仕事どころではない、、
休みを利用して、愛車のボルボの室内灯をLEDに変えてみることにチャレンジ!
車種はこれ、ちょっと前のボルボV70 街でたまに見かけるタイプです。


型式:SB5244W 2.4リッターのV6エンジンのやつです。
ボルボV70.jpg


室内の照明は、こんな感じ、、、電球なので、暗いのもやむおえないのですが、、
DSC01624.JPG やはり、最近のレクサスやBMWのように明るいLED電球にしたい、、

特に、駐車券やサイフの中身などを見るときに使うマップライトは、電球では暗い、、

ディラーに聞いてみたが、そんな部品も販売していないし、LEDに変更するサービスもやっていないらしい、、

 車検や違法改造には当たらないことだけ確認して、終了!

やはり、自分でやるしかなさそうだ。

 カバーの外し方に不安を覚えたが、知り合いに聞くと、白いアクリル部分にツメをひっかけてガバーッと引っ張ると開くらしい、、
カバーを外すとこんな感じ、、あまり見かけないタイプの電球
DSC01625.JPG

調べると、外車に多いタイプらしい。 ガラス管のヒューズみたい、、さっそく、ネットで使えそうな交換パーツを探す。。
DSC01620.JPG

ガラス管のサイスで合うタイプもあるが、明るさが足りない、、、
調べると、パネル型で、電源だけ、ガラス管の部分から取り、LED電球自体は、両面テープで貼るタイプが見つかったのでこれにした。

実際に交換してみるとこんな感じ!

DSC01628.JPG
サイズの大きいLEDパネルが、室内灯

小さいほうが、マップランプ用

写真では、かなり青っぽく見えるが、実際は白いイメージの明かり
とにかく明るくて、まぶしいほど、、

サイフのレシートも小さな文字もはっきり読める明るさ
 中年のおっさんには、うれしい見易さだ。

 従来の電球との比較はこんな感じ!

DSC01627.JPG
フロント部分4個で費用は1430円 yahooショッピングや楽天などでも手に入ります



両方交換してカバーを戻せば、こんな感じ、、、
DSC01629.JPG

V70の場合、フロント以外に、リアの天井とハッチゲートを開けた側面、運転席と助手席の足元にも、同様のランプが付いている。
いずれも、プラスチックのカバーを引っ張ると本体と電球が出てくるので、同様の部材でOK!でした。

なお、ホームセンターなどでも室内LED用として交換パーツが販売されているが、とにかく高い、、
1台分全部変えると、1万円近くの出費となるので、ネットを駆使して、良いパーツを安く探そう。

今日も応援お願いします。ひらめきそれぞれを一発ブチッと押してやってください やる気が出ます!
ランキング投票をお願いします揺れるハート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

庭・花壇づくり ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村



posted by ミルキーのぱぱ at 16:38| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | DIYでエクステリア製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

半年ぶりにブログ再開です

気が付けば、半年間もブログをお休みしてしまいました。

その間にずいぶんいろんな事が、身まわりで起こってしまい、つい筆無精になってしまいました(汗)
あらためまして、新年あけましておめでとうございます。 今年も、時間の許す限り、たくさんの、DIY作品を作ってまいります。


2015正月飾り

新年恒例の、近所の林から、青竹を取ってきて、正月用の生け花を作ります。

青竹は、孟宗竹が手に入らないので、比較的太目の真竹を選びました。

青竹 茨城の里山には、竹林がいっぱいあります。

4月くらいになると、タケノコ狩りも楽しめます。
この時期に使うのは、昨年春に生えた、きれいな青竹を1本、頂いてきます。

長さは約8m、これを、使って、正月飾りを作ります。

まず、玄関に飾る、花瓶を作ります

我が家の場合は、玄関に下駄箱があり、その上に花瓶を置くスペースがありますので、そこに合う高さにしました。

置く場所をはじめに測ってから、竹の長さを決めるとよいと思います。

竹花瓶

角松と同じような、角度で、丁寧にノコで切り落とし、段差を付けて、3本作ります。

このとき、一番高さのある竹には、途中に1ケ所、四角く窓のように切欠きを作ると、そこにも、花を生けることが出来、より華やかになります。

出来上がったら、3本をアルミの針金で、1本に束ねます。

束ねた部分は、和紙を巻いて、水引を使って、縛り、見栄えを整えます。

正月生け花 出来上がった花器に、花を入れてみた感じです

同じく、里山にある松の枝、庭にある南天や、青竹の葉などを添えて、正月らしくします

花は、ホームセンターなどで、売っている、正月用の花にと、鉢植えの花、それに、デンファレなどを追加して、明るい感じにします。

玄関に設置する際には、竹の水分と、生け花の水が出るので、下に100円ショップなどで売っている”和紙”を敷くと、雰囲気が出ます。

ぜひ、お試しください。

残った、竹でもう1品

正月のお客様が驚く、おもてなし、食器をつくりましょう
竹皿残った竹を適当なサイズに切り、2つに割ります。

それにV字型に切り込みを入れます。
切り込みの位置は、2個が揃うように、V字の大きさは、竹を半分に割った時に、上に乗るサイズです。

竹が細い場合は、最後まで、切り込みを入れられないので、途中で、カッターやノミなどで、削ります。

また、竹長さが長い場合は、2個ではなく3個必要な場合もあります。

同時に、大勢で使う大皿にする場合は、2本ではなく、3本設置となります。

竹の皿

台となる竹の上に、半分に割った、竹を乗せたところです

新鮮な竹なので、中も真っ白で、きれいです。
竹皿横から見た感じです。

安定性が悪い場合は、下の竹をさらに大きな部分に交換します。

また、竹の切断面(縦面)は、手を切りやすいので、カッターなどで、面取りを忘れないで行ってください。

ヤスリなどを使うより、カッターやナイフなどで、角を落としたほうが、きれいに仕上がります。

出来上がった竹皿は、一度熱湯をかけて、消毒し、水に浸けて、汚れを落としてください。

完成した、竹皿に料理を盛り付けました手(チョキ)
竹の刺身皿
お正月のおもてなしに、バッチリです。 スーパーの刺身セットが、高価に見えますヨ
お試しください。

今日も応援お願いします。ひらめきそれぞれを一発ブチッと押してやってください やる気が出ます!
ランキング投票をお願いします揺れるハート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

庭・花壇づくり ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村





posted by ミルキーのぱぱ at 12:48| 茨城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

今年もバラは大豊作”ハイグリーン”効果

今年も、楽しめるこの時期になってきました。バラガーデン花が満開です

DSC01906.JPG
今年は、気温が一気に高くなったせいか、開花が一気に進みました。

もちろん、ハイグリーンのおかげで、今年も花付はバツグンです。

連日、花殻つみで、大変ですわーい(嬉しい顔)

写真は、17年目の羽衣の大木とギー・サヴォアが巨大化した花を付けています。

角度を変えた写真です。 羽衣は1本ですが、幅6mにまで広がっています

DSC01916.JPG

ハイグリーンについては何度か報告していますが、総合微量要素元素の肥料で、化学肥料や堆肥と合わせて使用することで、病気になりにくく、夏場にも強い根を張ります。

巨大な花となった、ヴィヴィット
DSC01925.JPG

この肥料は、私どもで通販として、販売させていただいております。
バラが元気ない、果物も実をもっとつけたい、芝が元気無く枯れかけてきた、などでお困りの方、ぜひお試しください。

最後に、モラタメでまたまた、当選しました
IMG_1245.JPG今回当選したのは、カルピスオアシスです。

カルピスは昔懐かしい、味そのものです

一番違うのは、ポカリスエットのような、アルカリ性の飲み物となっている点。

ちょっとしょっぱい感じですが、夏場の園芸作業にはもってこいの商品です

みなさんもぜひお試しください。


今日も応援お願いします。ひらめきそれぞれを一発ブチッと押してやってください やる気が出ます!
ランキング投票をお願いします揺れるハート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

庭・花壇づくり ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村








posted by ミルキーのぱぱ at 21:22| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 100種類のバラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

今年も、楽しい春が来た

今年もようやく春らしくなってきましたネ!
我が家のガーデンも、バラの手入れと、雑草との戦いの準備です、、、、
冬場、エサをあげていたスズメたちもそろそろ、自分でガーデンの虫を取っていただく季節です

冬場の間は、毎朝、専用のエサ台に、野鳥が集まるように、少しづつ、鳥のえさを置いておくのは、庭に慣れていてもらって、害虫を食べてもらうためです。

DSC01577.JPG

専用のエサ台は、害虫で枯れた、ジュンベリーの枝に取り付けました。
冬場は毎朝、給餌が日課です、、、
今日は、スズメの親子が、やってきてます。

DSC01572.JPG

それを、待ち受けて、一応、狙う猫ミルキー ですが、当然、取れるわけはありません、、、(笑)

DSC01659.JPG

ところで、ミルキーがスズメを狙う、木は、なんと、種から育てた、樹齢5年のシラカバの木です

DSC01656.JPG  この木は、サカタのタネで見つけて、鉢植えから育て、一昨年、地植えにした、もののです。


 タネから育てたので、根もしっかりと張って、なにより、関東の平野部の気候に適応しています。


 ホームセンターで売っている苗木を何度も試しましたが、おそらく、涼しい場所で育った苗木と思われ、夏場にどうしても枯れてしまいます。

 根気のいる方法ですが、一度試してみてはいかがでしょうか?


 北国の代表でもあるシラカバを茨城の平野で育てる、、、


都内でも、たぶん大丈夫だと思います。

サカタのタネは通販でも購入できますヨ!


こちらは、夏場においしい、実を付けるスモモが満開に咲いているところです

DSC01604.JPG

食べられる、果物の木はいくつか植えていますが、花はイマイチかもしれません
綺麗に咲くのは、源平桃でしょうか、、

DSC01606.JPG

1本の木なのに、白と赤の2色の花を咲かせる、不思議な木です。

今日も応援お願いします。ひらめきそれぞれを一発ブチッと押してやってください やる気が出ます!
ランキング投票をお願いします揺れるハート
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

庭・花壇づくり ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村











posted by ミルキーのぱぱ at 19:21| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
異性と出会う方法を教えます マイ・オークションをごらんください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。